凹凸陳列館

(・ω・)/まいど★頂きまして誠にありがとうございます。  一部記事内リンクが正しく動作しないことがあります。

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

名鉄モ750形モ754カットボディ 瀬戸市瀬戸蔵ミュージアム

(・ω・)/当館では2両目の名鉄の保存車です。(1両目

f:id:ototsupura:20210118160748j:plain名鉄モ750形モ754

瀬戸焼の博物館である「瀬戸蔵ミュージアム」に保存されています。

末期は揖斐線谷汲線を走っていた車両ですが、その前は瀬戸線を走っていた車両ということで展示されています。

半分のサイズのカットモデルとなっています。

f:id:ototsupura:20210118162243j:plainf:id:ototsupura:20210118162246j:plain説明板

f:id:ototsupura:20210118162325j:plainモ754が展示されているフロアは2階ですが、こういう風に搬入したようです。

f:id:ototsupura:20210118162449j:plain前面のサボ類

栄町駅に乗り入れる前の名古屋側ターミナル、堀川駅のサボを着けていました。

f:id:ototsupura:20210118163112j:plain車番

f:id:ototsupura:20210118163124j:plainパンタグラフ

f:id:ototsupura:20210118163147j:plain床によって直接見えない台車は鏡によって見られるようになっていました。

f:id:ototsupura:20210118163233j:plain車内

f:id:ototsupura:20210118163340j:plain鏡によって1両分に見えるようになっています。

f:id:ototsupura:20210118163518j:plain運転台

 

車両の横には尾張瀬戸駅の旧駅舎が再現されています。

f:id:ototsupura:20210118163813j:plain尾張瀬戸駅旧駅舎

f:id:ototsupura:20210118163831j:plain改札口

左上のレトロな時計は現役で稼働しています。

f:id:ototsupura:20210118163908j:plain駅名標

f:id:ototsupura:20210118163537j:plainf:id:ototsupura:20210118163542j:plain尾張瀬戸駅旧ホームにあったという古レール

f:id:ototsupura:20210118163934j:plain旧駅舎のベンチ

 

f:id:ototsupura:20210118163952j:plainその他館内には瀬戸物の作業場や作品の展示などもありましたが(むしろこちらがメイン)、ここでは割愛。

 ↑この保存車の場所はこちら

名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅より徒歩5分ほどです。

入館料がかかります。

終わり