凹凸陳列館

(・ω・)/まいど★頂きまして誠にありがとうございます。  一部記事内リンクが正しく動作しないことがあります。

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

ひたちなか海浜鉄道キハ222&キハ2005 阿字ヶ浦駅

※2021年撮影

f:id:ototsupura:20210428181506j:plainひたちなか海浜鉄道湊線の終着、阿字ヶ浦駅に北海道にゆかりのある2両の気動車が置かれています。

 

f:id:ototsupura:20210428181737j:plainキハ22形キハ222

元は羽幌炭礦鉄道で走っていた車両で、国鉄のキハ22形と同型です。

2015年に引退した後、ここに留置されています。

f:id:ototsupura:20210428181925j:plain銘板

北海道を走る為に製造された車両ですが、生まれは関東・宇都宮だそうです。

f:id:ototsupura:20210428181948j:plain雪国特有の旋回窓がそのまま残っています。

f:id:ototsupura:20210428182024j:plain表記

f:id:ototsupura:20210428182041j:plain車番

f:id:ototsupura:20210428182054j:plain台車

f:id:ototsupura:20210428182108j:plain反対側より

これを機に羽幌炭礦鉄道について調べましたが、その終点だった築別炭鉱駅周辺は今はもう廃墟しかないようですね。石炭産業の廃れ具合が凄いです。 

 

ちなみに、キハ222をご神体として神社を作るという計画があるそうで、2021年4月現在修復工事がされているそうです。

 

f:id:ototsupura:20210428182321j:plainキハ2000形キハ2005

元は留萠鉄道で走っていた車両で、こちらも国鉄のキハ22形と同型です。

こちらも2015年に引退した後、ここに留置されています。

国鉄急行色に塗られています。

f:id:ototsupura:20210429121522j:plain台車

f:id:ototsupura:20210429121223j:plain表記

f:id:ototsupura:20210429122044j:plain車番

f:id:ototsupura:20210429122057j:plain反対側より

留萠鉄道についても調べてみましたが、その終点であった昭和駅周辺は、今は町が廃墟だらけになるどころかそこまで行く道が廃道同然になり行くことすら難しそうです。

 

f:id:ototsupura:20210429122506j:plainキハ2005と湊線終端部

数年内にひたち海浜公園まで延伸する計画があり、ここが途中駅になる日も近いかもしれません。

 

 ↑阿字ヶ浦駅の場所はこちら

勝田駅からひたちなか海浜鉄道湊線に乗って30分ほどです。

 

o-totsupura.hatenablog.jp

終わり