凹凸陳列館

(・ω・)/まいど★頂きまして誠にありがとうございます。  一部記事内リンクが正しく動作しないことがあります。

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

富士急行モ1形モ1号 河口湖駅前

※2018年9月撮影

イメージ 1
富士急行モ1形モ1号
富士急行がまだ富士山麓電気鉄道だったころの車両で、開業時に製造されたものとのことです。
1952年頃に車体を載せ替えて不要になった際に上田電鉄へ譲渡され、富士急行創業60周年の時に買い戻して製造時の姿に復元したそうです。
イメージ 2

説明板

イメージ 3

前面

イメージ 4

台車

こちらは東急デハ3458号の物を履いているそうです。
イメージ 5
社章
イメージ 7

表記

イメージ 8

銘板

イメージ 6

パンタグラフ

元は2個あって上田電鉄時代の改造で1つになったようですが、そこまでは復元できていないようです。
イメージ 9

反対側

 
河口湖駅のバスロータリーの一角にあります。
 
作者が訪問した際の河口湖駅の様子も載せておきます。
イメージ 10

371系(だった)8500系

やっぱり371系と言いたくなりますね。
イメージ 11

E257系500番台の方々

この日は毎週運行されているホリデー快速に加え、臨時列車も設定されていたのでこの並びを見ることが出来ました。
富士山麓で並ぶ房総特急、、、やっぱり不思議です(^_^;)
 
車庫の一角に広場みたいなものがあり、そこからも色々見ることが出来ました。
イメージ 12

205系ハエ28編成 という名の 6000系

記事を書いた地点では一番最近に入線した6000系ですね~
なお今年の12月にこれのプラレールが発売されることも決定しています。
イメージ 13

1000系と6000系

イメージ 14

205系モハ204-10+モハ205-10

部品取り車として置かれているみたいです。
車番は確認できたわけではありませんが、この番号らしいです。
今となっては貴重な京葉線の帯を巻く205系ですね・・・
終わり