凹凸陳列館

(・ω・)/サイドバーに時計を置いてみました。(パソコン版のみ)

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

凹凸陳列館

ようこそ
凹凸陳列館へ
↓最新記事はページ下部にあります↓
イメージ 16
このブログは、プラレール大好きな作者が運営する、プラレールやカプセルプラレール、保存車などについての趣味のブログです。
2019年8月20日、Yahoo!ブログより移転してきました。
○オススメ書庫○
今までに訪問した保存車を地域別、車種別でリストにまとめました。随時更新中!
詳細は画像をクリックしてください。
<地域別>
イメージ 3 イメージ 1 イメージ 2 
イメージ 4 イメージ 12 イメージ 5f:id:ototsupura:20200116172213j:plain f:id:ototsupura:20191215143515j:plain            
<車種別>
イメージ 9 イメージ 10 イメージ 11
イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15

作者が所有しているプラレールのコレクションを紹介しています!随時更新中!
イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8
ここに無い車種はいずれ作成します。
 

C56形110号機 草加市氷川中公園

※2020年撮影

f:id:ototsupura:20200801120746j:plainC56形110号機

草加神社の参道沿いにある氷川中公園に保存されています。

現役時は主に中国地方で走っていた車両だそうです。

草加市を通る鉄道は東武のみで、JR(国鉄)の路線は一切通っていませんがそれでも国鉄蒸機を保存したのは少し不思議でもあります。

柵で囲われており少々撮影し辛いです。

f:id:ototsupura:20200801120828j:plain説明板

「12両がタイで現役」と書かれていることから、この文面は少なくとも30年以上前に書かれた物をそのまま使っていますね。

ちなみにタイでは現在も2両ほど動態保存されているそうです。

f:id:ototsupura:20200801121054j:plain銘板

f:id:ototsupura:20200801121202j:plain動輪

f:id:ototsupura:20200801121637j:plain雨樋から草が生えていました。

機関車にも草が加わるのですね。草加だけに。(←そうかそうか~(^_^;))

f:id:ototsupura:20200801121220j:plain機関室

プラスチックの板が設置されており、あまりよく見ることが出来ません。

f:id:ototsupura:20200801121302j:plain反対側より

f:id:ototsupura:20200801121315j:plain草加神社の鳥居と

 ↑この保存車の場所はこちら

東武伊勢崎線草加駅より徒歩5分ほどです。

終わり

ピカピカな24系客車2両

※2020年、公道上より撮影

f:id:ototsupura:20200726211730j:plain2段式B寝台の緩急車です。

現役末期は北斗星で使われていた車両で、2016年5月頃に保存されました。

オハネフ25は尾灯や幕が付いていることもあってブルートレインの「顔」である印象が強いのか、比較的現存車が多い気がします。

f:id:ototsupura:20200728205310j:plain車番

f:id:ototsupura:20200728205328j:plain方向幕

f:id:ototsupura:20200728205343j:plain前面部拡大

タイミングによっては尾灯が点いていることもあるそうです。

 

f:id:ototsupura:20200726211754j:plainこちらも2段式B寝台車です。

2両繋げて保存されています。

f:id:ototsupura:20200731165337j:plain車番

 

2両とも塗装の剥がれどころか汚れもほとんど無い、とても美しい姿で保存されていました。

終わり

鉄道発祥の地に戻ってきた110号機 桜木町駅・旧横濱鉄道歴史展示

(・ω・)/ここ数か月、神奈川県の保存車が熱い!

2019年9月の箱根登山鉄道モハ107、2020年3月の京急デハ236に引き続き、2020年6月、桜木町に新たな保存車が誕生しました。

※2020年撮影

f:id:ototsupura:20200723114006j:plain2020年6月にオープンした桜木町駅駅ビル「CIAL桜木町 ANNEX」1階に保存されています。

 

f:id:ototsupura:20200723113601j:plain110形110号機

日本初の鉄道開業時に輸入された10両の蒸気機関車の内1両です。

1924年頃の廃車後は大宮工場に保存され、1962年に青梅鉄道公園が開設された際にそこへ移設されました。

そして2020年に日本最初の鉄道が通った地である桜木町に駅ビルが出来ることになった際、ついでに展示スペースも作られることになってここへ来ました。

f:id:ototsupura:20200726112922j:plain青梅鉄道公園に保存されていた当時の110号機(2010年10月撮影)

f:id:ototsupura:20200726104958j:plain説明板

f:id:ototsupura:20200726104946j:plain青梅鉄道公園に保存されていた頃から鉄道記念物に指定されていましたが、ここへ移設されるのに伴ってより立派な鉄道記念物の看板も設置されました。

f:id:ototsupura:20200726112420j:plain動輪

f:id:ototsupura:20200726112435j:plain銘板

f:id:ototsupura:20200726112449j:plain青梅鉄道公園に保存される際にされた整備の銘板

f:id:ototsupura:20200726112618j:plain大宮工場、青梅鉄道公園に保存されていた頃は機関車の構造が分かるように側面が切開されていましたが、ここへ保存される際に復元されました。

f:id:ototsupura:20200726112830j:plain側面が切開されていたころの様子(2010年10月撮影)

f:id:ototsupura:20200726113740j:plain機関室

f:id:ototsupura:20200726113202j:plain反対側より

f:id:ototsupura:20200726114533j:plain上から見た図

f:id:ototsupura:20200726113216j:plain後ろには客車も連結されています。

 

f:id:ototsupura:20200726113316j:plain木造客車

こちらはここに保存するために製作されたレプリカです。

日本鉄道創業期の木造客車は現存車がほとんど有りませんので仕方が無いですね。

もしこの展示室を作る計画がもう少し後でしたら加悦の2軸客車が保存されたり・・・ということもあったかもしれませんね。

f:id:ototsupura:20200726104949j:plain説明板

f:id:ototsupura:20200726113803j:plain走り装置

一段リンク式・・・でしょうかね。

f:id:ototsupura:20200726113904j:plain車内

f:id:ototsupura:20200726113916j:plain階段が設置されていますので公開する機会もありそうですね。

f:id:ototsupura:20200726113946j:plain反対側より

f:id:ototsupura:20200726114552j:plain上から見た図

 

車両の他にも色々と展示がされていました。

f:id:ototsupura:20200726114013j:plain鉄道創業期の機関車

f:id:ototsupura:20200726114137j:plain現存している機関車は保存場所まで書かれてるのが良いです。

f:id:ototsupura:20200726114610j:plain青梅に保存されていた頃も屋根が付けられていたので決して悪い環境ではありませんでしたが、ここに来たことによって屋内かつ空調付きという最高の環境になりましたね~

 ↑この保存車の場所はこちら

桜木町駅新南口直結です。

終わり