凹凸陳列館

(・ω・)/ブログ移行の影響で記事内のリンクが正しく動作しないことがあります。ご注意ください。

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

凹凸陳列館

ようこそ
凹凸陳列館へ
↓最新記事はページ下部にあります↓
イメージ 16
このブログは、プラレール大好きな作者が運営する、プラレールやカプセルプラレール、保存車などについての趣味のブログです。
当ブログに掲載している全ての画像の著作権は作者に帰属します。
2019年8月20日、Yahoo!ブログより移転してきました。
○オススメ書庫○
今までに訪問した保存車を地域別、車種別でリストにまとめました。随時更新中!
詳細は画像をクリックしてください。
<地域別>
イメージ 3 イメージ 1 イメージ 2 
イメージ 4 イメージ 12 イメージ 5f:id:ototsupura:20201016162828j:plain f:id:ototsupura:20200116172213j:plain f:id:ototsupura:20191215143515j:plain
  
<車種別>
イメージ 9 イメージ 10 イメージ 11
イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15

作者が所有しているプラレールのコレクションを紹介しています!随時更新中!
イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8
ここに無い車種はいずれ作成します。

 

--:--:--

鉄道総研の試験装置になったワム80000

※2020年、公道上より撮影

f:id:ototsupura:20201123102623j:plain中央線の上り列車に乗って、日野駅に到着する直前右に見えるあれを見てきました。

 

f:id:ototsupura:20201123101940j:plain移動式軌道動的載荷試験装置

皆様ご存知、鉄道総研の日野土木実験所で使われています。

2両の車両が使われていますが、装置としてはこれで一つの様です。

2018年頃までは車庫に収納されていましたが、いつしかそれが撤去され、いつでも見えるようになりました。

 

f:id:ototsupura:20201123103358j:plainワム80000形車番不明

380000番台の様な色をしていますが280000番台です。

都内では貴重な(唯一?)足回り付きのワム80000形です。

測定室などがあるのか、様々な改造がされています。

f:id:ototsupura:20201123103735j:plain走り装置

f:id:ototsupura:20201123103821j:plainf:id:ototsupura:20201123103836j:plain現役時代の表記は全く見えませんでした。

f:id:ototsupura:20201123104008j:plain妻面

消火器なども設置されています。

f:id:ototsupura:20201123104047j:plain反対側より

f:id:ototsupura:20201123104115j:plainこちら側には銘板が残っていました。

三菱重工 昭和51年」と読めました。

そうなりますと、車番はワム282770~282959の内のどれかになりますね。

 

f:id:ototsupura:20201123104855j:plain試験装置の本体

この装置の目的は、軌道に荷重を掛けてその影響を調べる、ということだそうでそれを行うのがこの車両です。

見た目からシキあたりからの改造に見えなくも無いですが、実際どうなのかは分かりません。

f:id:ototsupura:20201123105301j:plain装置名のプレート

f:id:ototsupura:20201123105333j:plain反対側より

 

f:id:ototsupura:20201123105356j:plain何かの台車

 

f:id:ototsupura:20201123105417j:plainガーター橋的な物

恐らく先ほどの装置で負荷を掛けて、その影響を調べる物だと思います。

一見トラバーサーかと思いました。

 ↑この車両の場所はこちら

日野駅より徒歩10分ほどです。

通常時でも公道から十分見ることが出来ます。そもそもこれが一般公開されることは無いと思いますが・・・

o-totsupura.hatenablog.jp

終わり

D51形385号機 鎌ヶ谷市制記念公園

※2020年撮影

f:id:ototsupura:20201121120317j:plainD51形385号機

1971年に鎌ヶ谷市が市制施行したのを記念して作られた公園に保存されています。

公園開設当初から保存されているようで、公園開設直後に撮られた航空写真を見ると既にその姿があります。

廃車時は長門に居た機関車ですが、現役時に水戸や平(現:いわき)に居て地元の常磐線を走ったこともあるようです。

f:id:ototsupura:20201121120618j:plainf:id:ototsupura:20201121120622j:plain説明板

f:id:ototsupura:20201121121329j:plain動輪

f:id:ototsupura:20201121121346j:plain銘板

f:id:ototsupura:20201121121403j:plain反対側より

f:id:ototsupura:20201121121415j:plain尾灯は塞がれていました。

f:id:ototsupura:20201121121453j:plain立派な屋根が設置されています。作者の訪問時は大雨でしたのでその本領を発揮していました。

ちなみにこの屋根は機関車の設置当初は無く、1984年頃になってから後付けされたもののようです。(航空写真

 

f:id:ototsupura:20201121121707j:plain機関車の横には自衛隊で練習機として使われていた飛行機も保存されています。

f:id:ototsupura:20201121121722j:plain説明板

f:id:ototsupura:20201121121916j:plain反対側より

ちなみにこちらの飛行機も公園開設当初からあるようです。

↑この保存車の場所はこちら

新鎌ヶ谷駅より徒歩15分ほどです。北総線の線路沿いに行く形になります。

 

f:id:ototsupura:20201121121908j:plain公園のすぐ横には北総線が通っています。

f:id:ototsupura:20201121122111j:plain公園内には北総線を望むことが出来る展望台もあります。

f:id:ototsupura:20201121122140j:plain展望台から見たD51

 

本記事を書くにあたり新鎌ヶ谷周辺の過去の航空写真を拝見しましたが、2000年を過ぎて辺りが急速に宅地化されていたのが印象的でした。

 

o-totsupura.hatenablog.jp

終わり