凹凸陳列館

(・ω・)/まいど★頂きまして誠にありがとうございます。  一部記事内リンクが正しく動作しないことがあります。

┆ 動画館 ┆ Twitter ┆ 鉄道コム ┆ ブログランキング・にほんブログ村へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ 保存鉄道へ ┆ にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ ┆

 

ワフ29500形ワフ29578 東久根別駅駅舎

(・ω・)/今回のは”保存車”とも”廃車体”とも言えないものですが、、、

面倒なので同じ様式で紹介します(
※2018年4月撮影
イメージ 1

ワフ29500形ワフ29578

北海道名物(?)の貨車を駅舎に転用した「ダルマ駅舎」です!!
北海道のダルマ駅舎の多くはヨ3500形を使っていますが、ここではワフ29500形でした。
駅舎になるため所々改造されていますが、かなり原型は留めていると思います~
イメージ 2

反対側より

線路の高さに合わせて、地面より若干高いところに設置されています。
荷物室の扉もそのまま残っていますね~
イメージ 3

銘板

イメージ 4

車番

薄っすらと「ワフ29578」と読み取ることが出来ます。
かなり初期のワフ29500形ですね~
イメージ 6

床下

恐らく現役当時からと思われる木造の床でした。イメージ 5
線路の反対側より
地面よりは高くても、ホームよりは低いところにあります。
イメージ 12
ホーム上より
屋根はトタン張りになり、駅名標も付けられています。
イメージ 7
デッキ部分
尾灯の穴、窓の部分は全て埋められています。
イメージ 8

内部 ※窓越しに撮影

「機械室」になっていました。
イメージ 9

車内

車掌室と荷物室の壁は取り払われていました。
この画像には写っていませんが、和式トイレもありました。
イメージ 10

ストーブの穴の跡

イメージ 11
JRマーク

所々にJR江差線だったころの面影が残ります。

 
道南いさりび鉄道に乗って木古内より9駅、五稜郭より2駅のところにあります。
本数も毎時1本以上あるので、とても行きやすいダルマ駅舎です。
終わり