凹凸プラ陳列館

(・ω・)/画像等の無断転載は禁止です。DO NOT REPRINT any pictures in this blog. 毎度ご覧頂きありがとうございます。

9600形9643号機や転車台など ニセコ鉄道遺産群

※2022年8月撮影

ニセコ鉄道遺産群

ニセコ駅構内にある転車台を核として、鉄道車両が2両保存されています。

 

9600形9643号機

大正3年川崎造船所製、当初は西日本で使用されていた物が北海道に転属し、最後は豊富の日曹炭鉱天塩鉄道で使われていた機関車です。

廃車後は長らく苗穂近くのサッポロビール園に保存されていましたが、2017年に当地へ移設されてきました。

イメージ 1サッポロビール園に居た当時の様子

当ブログでは5年ぶりの再会です。

ここでは前照灯が点いていました。

動輪

銘板

反対側より

 

転車台

1995年まで走っていたC62形3号機牽引の「C62ニセコ号」の方向転換用に新得から移設されてきた物です。

C62ニセコ号廃止後は放置状態にありましたが、2014年に再整備されたそうです。

後ろに給水塔もあります。

 

キハ183-5001が居る庫

2017年11月に引退した「ニセコエクスプレス」の先頭車も保存されていますが、庫内に保存されていて通常見ることが出来ません。

休日に門が開けられますが、午前10時から午後3時の間に限られています。

 

Google マップ

↑これの保存車の場所はこちら

ニセコ駅すぐ横です。

 

ニセコ駅舎脇にあったコンテナ

 

保存車リスト~北海道編~