凹凸プラ陳列館

(・ω・)/画像等の無断転載は禁止です。DO NOT REPRINT any pictures in this blog. 毎度ご覧頂きありがとうございます。

9600形79615号機 倶知安町公民館

※2022年8月撮影

9600形79615号機

大正13年製、新製から引退までずっと北海道に居た機関車です。

最後配置は小樽築港で、昭和49年に廃車となったそうです。

ご当地の倶知安機関区に所属していたこともあるそうです。

説明板

ここでは日本車輌製と書いてありますが、川崎造船所製という情報があります。

別角度より

スノープロウ

二つ目

当初は他と同じ1灯でしたが、後になって見通しをより良くするために改造されたようです。

東武に貸し出されて動態保存されているC11形207号機と似た感じですね。

動輪

銘板

機関室に上がることが出来ます。

機関室

旋回窓

反対側より

 

車両の周りに部品も展示されています。

転轍機

信号機

給水栓

駅名標レプリカ

羊蹄山を望む

 

Google マップ

↑この保存車の場所はこちら

倶知安駅から徒歩15分ほどです。

 

保存車リスト~北海道編~